雪解け調査隊

ここ八ヶ岳南麓で昨年6月に開催され、そして出場したトレイルランニングレース「スリーピークス八ヶ岳トレイル」の今年は実行委員!大きな団体に頼らずボランティア有志で作り上げている大会。ということで、昨年末からこまめにミーティングを繰り返している訳ですが、この2月の大雪には様々なスケジュールにも影響が出て、3月に予定されていた他のトレラン大会は軒並み中止に追い込まれているような状況です。

そんな中、大会コースも近い自分たちは3月中、時間を見つけてはコースのチェックに行きました。

6a012877405076970c01a73da2560a970d-800wi

3月中頃までは棒道でも30cm程の雪が残っていて、長靴が必須だったので走ることも出来ませんでした。それでも3月初頭には倍以上の雪が残っていたので、気温の上昇と雨によって随分と減ってきていました。

犬の散歩などで訪れる人も出て来て、踏み跡だけはしっかりついているのですが、しっかり踏みしめるとまだ長靴が隠れるぐらいの積雪です。あまりに融けないようだったら3月末に雪掻きをしようという予定だったので、毎日天気予報とにらめっこが続きました。あまり無いように見えてまだかなり雪が残っていた3月中旬ぐらいまでだったのですが、その後は温かい日も続き、雨も降って一気に雪解けが進んだようです。

卒業式も終わり、雪掻きボランティアの参加も決まっていた3月末を前にもう一度コースの確認に行ってみると・・

棒道にはもうすっかり雪は無く

6a012877405076970c01a73da25867970d-800wi

観音平に向かって登れば登る程雪が無いという、、

流石に観音平より上はまだ雪が残っていましたが、それでも例年よりは少ない積雪かもしれません。天気によりますが、このまま過ぎればGWぐらいにはかなりの雪がトレイルからは無くなってくれるだろうと予想出来る程の雪解けの早さです。

6a012877405076970c01a73da25928970d-800wi

鹿も気持ち良さそうに森の中を、牧草地内を走り回っていました。

雪掻きの日は結局雨で中止となりましたが、そろそろいつものコースを試走に入れそうです。
伐採や狩猟もまだ行われているそうなので、山に入られる方はまだまだご注意を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です