ギターパンダ LIVE

もう20年も前のギターパンダが生まれた頃からのお付き合いになると思います。山川ノリヲさん。
甲本ヒロトさんや忌野清志郎さんとバンドをやってた、最初からイカしたロックンロールギタリストだった訳ですが、その直系のボーカルがまた凄く良くて、バンドの人数が減って行く程にそれは更に際立ってきて、もう15年程前にギターパンダも遂に1人になってしまった時のソロライブは、今も記憶に深く残っている忘れられないステージです。

甲府のライブには数回お邪魔しましたが、遂にこの度八ヶ岳にパンダ襲来。サイコーです。

20年間変わらないパターンで始まるステージですが、何度見ても飽きる事はありません。なんでだろう?パンダの威力は恐るべしです。
とにかくガッチリみんなを掴んで離しません。

なんでだろう?

って考えて、あ、曲がいいからだ。声がいいからだ。ギターがいいからだ。
なんて後で気付く。パンダのせいですね。

気付いた頃にはノリノリのカルピスプレスリーノリヲさんにすっかり巻き込まれている。

昨年発売されたアルバムの曲を中心にあっという間の2時間。
小さな店でのライブだったので、もうそのシニカルで、深くて、でも解りやすい歌詞も一言一句バッチリ届きました。
たった1人のステージながら最初から最後までしっかり魔法に取り憑かれる極上のロックンロール・ショー。
何度聞いてもまた聞きたくなる曲、何度見てもまた見たくなるライブ、完璧です。

今夜は長野のNeonHallですかね。あの「引き潮」の故郷(?)です。
甲府や長野県のツアーも年に何度かありますので、ぜひ皆さんもパンダ仲間に入りましょう。
そしてまた八ヶ岳に。

ライブに参加していただいた皆さん、有難うございました。

ギターパンダライブのお知らせ

さて、ライブのお知らせです。
LampsLodgeのBAR LIVE次回は7月16日(火)ギターパンダの初登場!!

八ヶ岳に引越して来てから15年近くになりますが、この間、まぁ何となく誰それがギターを弾きはじめて中盤、終盤になってくると、

「この歌知ってる?」なんて始まって

「えー、何で知ってるの?」なんてみんなが知ってて大合唱になってしまう曲がギターパンダの引き潮でした。

様々な場所で、様々な仲間で、なかなか重要な局面で、なんでだろう?
この前のGWもBARで盛上がったなぁ。まあ兎に角それは嬉しい事でした。

基本はシンプルなロックンロール!パンダが歌うロックンロールショー!初めてだってひと回し聞けばみんなでサビを歌える事間違い無し。皆様の参加をお待ちしております。

2019年7月16日(火)
Lamps Lodge BAR
OPEN 19:00 / START 20:00 / CHARGE 3000円(オーダー別途)
ご予約は電話 0551-36-3556 またはメール live@kobuchizawa.net まで連絡お願いします。

キャットニャンダフル フォーク部

近くに住んでいながらなかなか会う機会が訪れず。前回はW.C.カラスのオープニングで登場してくれたキャットニャンダフル フォーク部こと、竹田信吾くん、実に5年振りとなるライブでした。

初めて見た時から、フィンガーピッキングの上手な人だなぁと。
ロックバンドでエレキを弾いてただけとは思えない腕前。しっかりとベース音を刻みながら、流暢なアルペジオやハーモニクスのアクセントに、誰か影響を受けたギタリストでもいるのかと聞いてみましたが、曲作ってるうちにそうなっただけで、どうやらそんな先生もいないらしい。練習もしないと言うし、普段は農家だから爪も伸ばせないでしょう。毎日土をいじっているその指の腹からつま弾かれる音は、泥臭くも有り、生々しく、温かい。

フォーク部なんて付けているけれど、皆が思い描くようなフォークでは無く、ロックもブルースもカントリーもソウルもジャンルに固執せず色んな音楽聞いて来たんだろうし、そんな彼の音楽も何にも形容しがたい竹田節。日常生活から放たれる歌詞は、意味不明なものもあれどお構い無し。でも曲の終盤で、その曲の背景を喋ってくれるので、何だかもう一度最初から聞きたくなったりします。

アクが強めの唄うたい。小淵沢にいて、こんなミュージシャンがいてくれることが、ただ嬉しいのです。
何気に農閑期には全国に出没しています。インパクト強い名前なので、どこかで見かけたらぜひ応援を。

Mooney LIVEと大晦日

寒気に包まれ、連日冷え込む八ヶ岳。年の締めはバーライブ。
今年もMooneyさんのライブであったかくして頂きました。
今年はLampsLodge BARで開催出来たライブも少なかったのですが、その中で毎年続いているライブがMooney。まだまだ誰より元気なMooney健在。平成の次もお世話になります!
小淵沢のライブには必ず参加してくれているニヒルブラザースの木村くん。今回もご機嫌なピアノが炸裂でした。いつもありがとう!
そして、ライブに参加して頂いた皆さん、有難うございました。

余韻さめやらぬまま大晦日。
平成最後の大晦日ですね。平成という時代は自分には22歳から52歳迄、本当に重要な30年。そんな移り変わり、節目の年越しは何だかゆっくり過ごしたい気分になります。

とは言え、打初め、お正月の和太鼓演奏は例年通り、スパティオ小淵沢、八ヶ岳リゾートアウトレットにて行なわれる予定です。例年以上に思いを込めて打ちたいと思います。身も引き締まる和太鼓の音。一年の始まりに、都合宜しければぜひ聞きに来て下さい。

今年も有難うございました。

皆様、良い年をお迎え下さい。

年末恒例 MOONEY LIVEのお知らせ

今年もやります!年末恒例 MOONEYさんのBAR LIVE !

極上のBAR LIVE MUSIC。音楽に身を委ね、今年も最後に盛上がりましょう!
お気軽にお問い合わせください。

2018年12月29日(土)Lamps Lodge BAR
open 19:00, start 19:30, music charge ¥2800(オーダー別)
予約&お問合せ:電話 0551-36-3556 / メール live@kobuchizawa.net
*宿泊の方は必ず事前にご予約下さい。

ポール・ラッシュ祭〜八ヶ岳カンティフェア〜2018

今年も清里・清泉寮でポール・ラッシュ祭 〜八ヶ岳カンティフェア〜 が盛大に行われました。
初日土曜日は秋晴れの気持ちのいい一日に、2日目日曜日はいつでも雨が降りそうな霧の中で始まりましたが、時折晴れ間も覗いたりしながら、お祭り終了迄何とか雨にはならず、ステージも予定通り進行することが出来ました。

今年は清泉寮の創立80周年になるそうで、それは清里という地の開拓から80年。正に清里の歴史を刻み、そして繋げるお祭りです。そしてその創立者ポール・ラッシュ氏との出会いから、馬術の選手としてオリンピック出場や地元かいじ国体優勝まで、その後は育成や指導で今なお日本馬術界を牽引し続けて来ている石黒健吉氏に両日トラクターパレードを先導していただきました。小淵沢のお祭りでは毎年解説で元気な声を響かせてくれている石黒さんです。馬に乗っている姿を初めて見れて嬉しく、目に焼き付けておきました。

日曜日は曇りの中でしたが、沢山のお客様が集まってくれています。昨年は雨だった為に、何とか最後迄雨が降らないようにと祈り続けます。

午後3時、いよいよお祭り最後のステージにLeyonaが登場。

レヨナの歌声がカンティフェアの会場に気持ちよく響き渡りました。

今回はギターに佐藤克彦、ドラムにPeace-Kとウチでもお馴染みの2名がサポートに参加。自分もそれぞれと長い付き合いながら初めて見るセットでしたが、普段から仲の良いみんなの終始和やかな雰囲気がレヨナをバッチリとサポート。

だんだんと霧に包まれ天気も心配になる中、だんだんと人もステージ前に集まって来てくれて、盛上がって行きます。Peace-Kとレヨナの軽快なMCのやり取りもまた楽しく、「500マイル」や「風をあつめて」など、アコースティックな編成は気持ちよく霧の中に溶け込んで行くような感じ。

そして最後は Amazing Grace。昨年の中沢ノブヨシから引継いだ今年のAmazing Graceをレヨナが来年に繋げます。

何とか最後迄天気は持ち、無事花火が打ち上がりました!感激。

 

毎年本当に沢山のスタッフやボランティア、出店者、出演者に支えられ、毎年沢山のお客さまが楽しみに待っている、八ヶ岳を代表する大きなお祭り。開拓精神を引継ぎ、自然を大切にし、収穫を喜び、そしてみんなで集う。今もなお八ヶ岳に多くの人が集まる礎とも言えるこのポール・ラッシュ祭。
来年もまた皆様に会えることを楽しみにしています。

Inax Brothers

はじめは気候と自然に魅せられて小淵沢で生活しようと決めたつもりだった訳ですが、辺りにどことなく漂う雰囲気がそれを後押ししていたのも間違いありません。

移住してから知ったことばかりですが、付近を歩けば、“ララミー牧場” “バッファロー砦” “ラングラーランチ” “トマホークチョップ” “オレゴン” “エルパソ” “サンディア” “ウエスタン牧場” “カントリーロード” といった看板とそれ風の建物が並び、以前この辺りにそんな人たちが沢山集まっていたことを教えてくれる、ちょっと古びた感じがまた魅力でした。

そして大体そこには馬がいて、みんな馬に乗れる。何か他の地域とはちょっと違う魅力に溢れていました。

そしてその源流がラングラーランチにあることを知るのに時間はかかりませんでした。
みんなが “ジャッキー”や“ジョージ”や“トニー”や“マーチン”などと呼び合っていて、馬の名前も大体アメリカの州の名前。役者さん達も巻き込んで、当時のボスを中心に毎週のように集まっては馬に乗り、遊んでいたという話は尽きることがありません。

そんなラングラーランチに10代の頃から入り浸っていたという“ブロンコ”さん率いる Inax Brothers のライブを開催出来ました。

もちろんカントリーミュージック。ラングラーランチOBも沢山集まって、まるで同窓会のような楽しい夜になりました。
いつもはBronco&The Inaxというバンドで小淵沢でも何度も演奏しているのですが、ウチの店も小さいもので今回は3人のアコースティックセット。でもこのセットが皆さんにも初めてだったようで、新鮮だった様子。バンドセットよりもブロンコさんの声も際立って、みんなの温かい雰囲気の中、とにかくバッチリとハマりました。

私でさえライブ中は終始色んなことを思い出しながら浸ってましたから、30年、40年前を知る皆さんにはもっともっと昔の思い出が蘇って来たことと思います。「毎年やろうよ」の声は最高に嬉しいものでした。

この灯火も小淵沢では決して消すことの出来ないひとつ。
さあ、まずは切れたまま何年も張っていない店のバンジョーの弦を張らなければ。

保存保存

東田トモヒロ

風はいつしか身を縮ませる冷たい風。気が付けば9月も終わりのほう。
扇風機と暖房の並んだ部屋で毛布を出したり引っ込めたりする毎日です。

自慢の天候は影を潜め、なかなか晴れの日が続かない今年の気候には外仕事も捗らず、身体も何時に無く季節のスイッチが入りきれないまま、ただ足早に日々は過ぎて行きます。

そして気が付けば今年最初のBarライブ。
そんな憂鬱な気候を吹き飛ばす音楽とサプライズを持って、東田トモヒロくんが旅の途中に八ヶ岳まで来てくれました。

“ Wonderful Road ”

外はまた生憎の雨になりましたが、気持ちのいい風に吹かれているように、歌声がたっぷりと店に染込んでいくように、そんないい時間をみんなで過ごすことが出来ました。一緒に歌ってくれた皆さん、東田クン、有難う。またやりましょう!

保存保存

東田トモヒロ LIVEのお知らせ

さて9月はもう一本(こちらが先になりますが)。
4年前の伝説(?)Chip Stock Music Flow でご機嫌なステージを披露してくれた東田トモヒロがニューアルバムを引っ提げ、 LampsLodgeのBARにも歌声を染込ませに来てくれることになりました。ぜひ、みんなの声も一緒に染込ませて下さい!

東田トモヒロ LIVE at Lamps Lodge BAR
2018年9月26日(水)
Open 19:00/ Start 20:00/ Fee 2800yen*要オーダー
ご予約・お問合せは電話(0551-36-3556)またはメール(live@kobuchizawa.net)でお願いします。

 

【東田トモヒロ】
1972年生まれ熊本市在住。ニューヨークでのレコーディングを経て2003年にメジャーデビュー。
旅とサーフィンとをこよなく愛し、音楽を通して『LOVE&FREEDOM』をメッセージし続けるシンガーソングライター。
その持ち味でもあるエネルギーに満ちたステージパフォーマンスで、ソロライブだけでなくフジロックフェスティバル、サマーソニック、ap bank festival、greenroom festival、windblow、サンセットライブなど、大小問わず数多くのフェスのステージに出演しピースフルな空間を作り出して来た。
自然に寄り添った暮らしや旅の中から紡ぎ出される飾り気の無い等身大の楽曲は、全国各地においてたくさんのファンを魅了し長く愛され続けている。
2017年7月にはミニアルバム「ひだまり」をリリースし、その収益の10%は自然環境の保護に取り組むアウトドアアパレルブランド、patagonia に寄付されている。
2018年夏には通算14作目となるオリジナルアルバム「Wonderful Road」をリリース。
福島県南相馬よつば保育園の子どもたちに九州から季節の野菜や果物・穀物などを届けるプロジェクト「change the world」の代表を務める。

カントリーLIVEのお知らせ

駒ヶ根、伊那を中心に活躍するカントリーバンド、Bronco & The Inax から、アコースティックセット Inax Brothers でのライブが決まりました。小淵沢では昨年の馬のまち祭りにも出演し、ご機嫌なカントリーロックを聞かせてくれたBronco & The Inax。3人でのセットも楽しみです!

日付:2018年9月29日(土)
場所:Lamps Lodge BAR
開場:18:30
開演:19:30
参加費:5000円(1Drink&Food付き)*PizzaやPotato

ライブのご予約は電話かメール(live@kobuchizawa.net)にて。
宿泊ご希望の方は電話やメールにて事前にご予約が必要です。