ポール・ラッシュ祭〜八ヶ岳カンティフェア〜2018

今年も清里・清泉寮でポール・ラッシュ祭 〜八ヶ岳カンティフェア〜 が盛大に行われました。
初日土曜日は秋晴れの気持ちのいい一日に、2日目日曜日はいつでも雨が降りそうな霧の中で始まりましたが、時折晴れ間も覗いたりしながら、お祭り終了迄何とか雨にはならず、ステージも予定通り進行することが出来ました。

今年は清泉寮の創立80周年になるそうで、それは清里という地の開拓から80年。正に清里の歴史を刻み、そして繋げるお祭りです。そしてその創立者ポール・ラッシュ氏との出会いから、馬術の選手としてオリンピック出場や地元かいじ国体優勝まで、その後は育成や指導で今なお日本馬術界を牽引し続けて来ている石黒健吉氏に両日トラクターパレードを先導していただきました。小淵沢のお祭りでは毎年解説で元気な声を響かせてくれている石黒さんです。馬に乗っている姿を初めて見れて嬉しく、目に焼き付けておきました。

日曜日は曇りの中でしたが、沢山のお客様が集まってくれています。昨年は雨だった為に、何とか最後迄雨が降らないようにと祈り続けます。

午後3時、いよいよお祭り最後のステージにLeyonaが登場。

レヨナの歌声がカンティフェアの会場に気持ちよく響き渡りました。

今回はギターに佐藤克彦、ドラムにPeace-Kとウチでもお馴染みの2名がサポートに参加。自分もそれぞれと長い付き合いながら初めて見るセットでしたが、普段から仲の良いみんなの終始和やかな雰囲気がレヨナをバッチリとサポート。

だんだんと霧に包まれ天気も心配になる中、だんだんと人もステージ前に集まって来てくれて、盛上がって行きます。Peace-Kとレヨナの軽快なMCのやり取りもまた楽しく、「500マイル」や「風をあつめて」など、アコースティックな編成は気持ちよく霧の中に溶け込んで行くような感じ。

そして最後は Amazing Grace。昨年の中沢ノブヨシから引継いだ今年のAmazing Graceをレヨナが来年に繋げます。

何とか最後迄天気は持ち、無事花火が打ち上がりました!感激。

 

毎年本当に沢山のスタッフやボランティア、出店者、出演者に支えられ、毎年沢山のお客さまが楽しみに待っている、八ヶ岳を代表する大きなお祭り。開拓精神を引継ぎ、自然を大切にし、収穫を喜び、そしてみんなで集う。今もなお八ヶ岳に多くの人が集まる礎とも言えるこのポール・ラッシュ祭。
来年もまた皆様に会えることを楽しみにしています。

Inax Brothers

はじめは気候と自然に魅せられて小淵沢で生活しようと決めたつもりだった訳ですが、辺りにどことなく漂う雰囲気がそれを後押ししていたのも間違いありません。

移住してから知ったことばかりですが、付近を歩けば、“ララミー牧場” “バッファロー砦” “ラングラーランチ” “トマホークチョップ” “オレゴン” “エルパソ” “サンディア” “ウエスタン牧場” “カントリーロード” といった看板とそれ風の建物が並び、以前この辺りにそんな人たちが沢山集まっていたことを教えてくれる、ちょっと古びた感じがまた魅力でした。

そして大体そこには馬がいて、みんな馬に乗れる。何か他の地域とはちょっと違う魅力に溢れていました。

そしてその源流がラングラーランチにあることを知るのに時間はかかりませんでした。
みんなが “ジャッキー”や“ジョージ”や“トニー”や“マーチン”などと呼び合っていて、馬の名前も大体アメリカの州の名前。役者さん達も巻き込んで、当時のボスを中心に毎週のように集まっては馬に乗り、遊んでいたという話は尽きることがありません。

そんなラングラーランチに10代の頃から入り浸っていたという“ブロンコ”さん率いる Inax Brothers のライブを開催出来ました。

もちろんカントリーミュージック。ラングラーランチOBも沢山集まって、まるで同窓会のような楽しい夜になりました。
いつもはBronco&The Inaxというバンドで小淵沢でも何度も演奏しているのですが、ウチの店も小さいもので今回は3人のアコースティックセット。でもこのセットが皆さんにも初めてだったようで、新鮮だった様子。バンドセットよりもブロンコさんの声も際立って、みんなの温かい雰囲気の中、とにかくバッチリとハマりました。

私でさえライブ中は終始色んなことを思い出しながら浸ってましたから、30年、40年前を知る皆さんにはもっともっと昔の思い出が蘇って来たことと思います。「毎年やろうよ」の声は最高に嬉しいものでした。

この灯火も小淵沢では決して消すことの出来ないひとつ。
さあ、まずは切れたまま何年も張っていない店のバンジョーの弦を張らなければ。

保存保存

東田トモヒロ

風はいつしか身を縮ませる冷たい風。気が付けば9月も終わりのほう。
扇風機と暖房の並んだ部屋で毛布を出したり引っ込めたりする毎日です。

自慢の天候は影を潜め、なかなか晴れの日が続かない今年の気候には外仕事も捗らず、身体も何時に無く季節のスイッチが入りきれないまま、ただ足早に日々は過ぎて行きます。

そして気が付けば今年最初のBarライブ。
そんな憂鬱な気候を吹き飛ばす音楽とサプライズを持って、東田トモヒロくんが旅の途中に八ヶ岳まで来てくれました。

“ Wonderful Road ”

外はまた生憎の雨になりましたが、気持ちのいい風に吹かれているように、歌声がたっぷりと店に染込んでいくように、そんないい時間をみんなで過ごすことが出来ました。一緒に歌ってくれた皆さん、東田クン、有難う。またやりましょう!

保存保存

東田トモヒロ LIVEのお知らせ

さて9月はもう一本(こちらが先になりますが)。
4年前の伝説(?)Chip Stock Music Flow でご機嫌なステージを披露してくれた東田トモヒロがニューアルバムを引っ提げ、 LampsLodgeのBARにも歌声を染込ませに来てくれることになりました。ぜひ、みんなの声も一緒に染込ませて下さい!

東田トモヒロ LIVE at Lamps Lodge BAR
2018年9月26日(水)
Open 19:00/ Start 20:00/ Fee 2800yen*要オーダー
ご予約・お問合せは電話(0551-36-3556)またはメール(live@kobuchizawa.net)でお願いします。

 

【東田トモヒロ】
1972年生まれ熊本市在住。ニューヨークでのレコーディングを経て2003年にメジャーデビュー。
旅とサーフィンとをこよなく愛し、音楽を通して『LOVE&FREEDOM』をメッセージし続けるシンガーソングライター。
その持ち味でもあるエネルギーに満ちたステージパフォーマンスで、ソロライブだけでなくフジロックフェスティバル、サマーソニック、ap bank festival、greenroom festival、windblow、サンセットライブなど、大小問わず数多くのフェスのステージに出演しピースフルな空間を作り出して来た。
自然に寄り添った暮らしや旅の中から紡ぎ出される飾り気の無い等身大の楽曲は、全国各地においてたくさんのファンを魅了し長く愛され続けている。
2017年7月にはミニアルバム「ひだまり」をリリースし、その収益の10%は自然環境の保護に取り組むアウトドアアパレルブランド、patagonia に寄付されている。
2018年夏には通算14作目となるオリジナルアルバム「Wonderful Road」をリリース。
福島県南相馬よつば保育園の子どもたちに九州から季節の野菜や果物・穀物などを届けるプロジェクト「change the world」の代表を務める。

カントリーLIVEのお知らせ

駒ヶ根、伊那を中心に活躍するカントリーバンド、Bronco & The Inax から、アコースティックセット Inax Brothers でのライブが決まりました。小淵沢では昨年の馬のまち祭りにも出演し、ご機嫌なカントリーロックを聞かせてくれたBronco & The Inax。3人でのセットも楽しみです!

日付:2018年9月29日(土)
場所:Lamps Lodge BAR
開場:18:30
開演:19:30
参加費:5000円(1Drink&Food付き)*PizzaやPotato

ライブのご予約は電話かメール(live@kobuchizawa.net)にて。
宿泊ご希望の方は電話やメールにて事前にご予約が必要です。

Mooney year-end bar live

12月29日、今年も年末最後のライブはMooneyさん。

横浜の浅間下角にBUDDYという名のBARがオープンしてもう30年。残念ながらもうそのお店は閉店してしまいましたが、それ以来、自分を始め数々のお店に脈々と受け継がれているスタイル。横チョのバーに色んな人が集まり、色んな話で盛上がる、そしてそこには音楽。静かすぎることも無く、うるさすぎることも無く、ビートやリズムでみんなの気分を高めてくれるBar Live Music。当初よりお世話になっていたMooneyさんはいつしか横浜ではそんなシーンのボスと呼ばれ、ミュージシャンもお店もシーンも牽引し続けてくれています。

そんなMooneyさんの一年の最後を締めくくる単独ライブがこの夜のLampsLodge。毎回恒例のニヒルブラザース木村くんのピアノ、諏訪の北澤くんのウォッシュボード、初登場村松くんのフィドルも加わり、お客さん、友達、お酒、お店と一体となって、無事楽しくこの一年を締めくくることが出来ました。10月のKeni井上さんとのライブ以来2ヶ月という短いインターバルでの登場になりましたが、今回も皆さんに集まって頂き、有難うございました。

Mooneyさんの何歳になっても衰えぬパワー、まだまだ健在です!

 

さて大晦日。

今年も沢山の皆様にご利用頂き有難うございました。

2018年元旦も淵の音太鼓の演奏で始めます。
新宿からの高速バスを迎えるスパティオ小淵沢(延命の湯)前、そして初売りで賑わう八ヶ岳リゾートアウトレット、2箇所で演奏しますので、お出掛けの際にはぜひ見に来て下さい。

それでは皆様、よいお年を!

LIVEのお知らせとThe Joshua Tree

さて、今年もライブの締めくくりはMooneyでお送りします。
12月29日(金)夜7:30より(OPEN7:00)
最高の音楽で締めましょう!ぜひ皆さんの参加をお待ちしております。ご予約はLampsLodgeまでご連絡下さい。

年の瀬ですが、新店情報を。
レインボーライン(広域農道)沿い、リゾナーレ前から長坂小泉方面に暫く走って右側の以前カフェだった場所(KAYAさんのお隣)にこの秋、何だか見覚えのあるような匂いのプンプンするロゴの看板が立ちました。話してみれば色々とやっぱり繋がっていた訳なのですが、そんな素敵なお店が11月オープンしました。

「The Joshua Tree」
メキシカン料理と美味しい手作りケーキが楽しめるお店です。お店の雰囲気、料理、ケーキ、音楽、全て間違い無し。現在はランチとティータイムのみ営業中。来年は夜の営業も始めるそうなのですが、ぜひランチしに、お茶しに行ってみて下さい。

カウンターの奥にはジャクソン・ブラウンの写真とチケットが額に。ね、間違い無いでしょ?

保存保存

雨のカウンティフェア

清里、清泉寮で毎年秋盛大に行なわれているポール・ラッシュ祭 〜八ヶ岳カウンティフェア〜。
姉妹都市ケンタッキーからのブース、清里のお店、北杜市や八ヶ岳周辺のお店やクラフトが一同に会する北杜市でも最大規模のお祭りです。バレエやコーラス、吹奏楽から様々なコンサートまで、2つのステージで止む事の無い音楽に耳を傾けながら、野外でのんびり八ヶ岳を満喫出来る私的にもたまらないお祭りなのです。

そんなカウンティフェア。ここ数年は秋晴れの中での気持ちのいい収穫祭だったと思うのですが、今年は残念ながら雨。土曜日は霧の中、日曜日の2日目はずっと雨が降く中での開催に。

今年はステージにLampsLodgeでもお馴染みのアーチストが2組も出演するとあってみんなで楽しみにしていたのですが、急遽ステージプログラムは全て屋内に変更。メインのポールラッシュステージでのプログラムは清泉寮新館のホールで、ハーベストステージでのプログラムは本館のホールで行なわれることになっていたのでした。

足早に雨の中の会場をぐるっと回り、早速Shimeさんのいる本館へ。

待望のShimeさんカウンティフェア登場。
会場はカントリー好きの皆さんは勿論、全ての人を魅了。アットホームな雰囲気の中皆んなで盛上がりました。

急いで新館ホールに移動。
カウンティフェア大トリは“ガッツ”こと中沢ノブヨシのステージです。ウチではいつもアコースティックなライブなので、バンドを従えたライブに大興奮。凄腕ミュージシャン達が集まり、カバーからオリジナルまで久しぶりのガッツワールドを堪能です。

最後にはアメージング・グレイスを歌ってまた来年に繋げるのですが、中沢ノブヨシのAmaging Grace、会場の皆さんも真剣に聞き入っていました。曲のエンディングで拍手とともにまた最高のタイミングで会場から花火があがり、最高のクライマックスに。

いつも行けるのが日曜日の午後の為、ステージも2つに分かれていた今年は特に移動で忙しくなってしまいましたが、出店者の皆さんも雨の中テントで頑張っていました。お客さんも熱心に廻られている方が多く、みんなの笑顔は雨を忘れさせてくれるほど。寒かったこともあり、温かい食べ物や飲み物にまた笑顔がこぼれるのです。

会場も広大なお祭りは関係者やスタッフも多く、今回は特に寒さと雨でみんな大変だったことと思います。設営から片付けまでほとんど雨だったと思うのですが、本当に皆さんお疲れ様でした。

来年はぜひまた最高の秋晴れの紅葉の中での開催をと願わずにはいられません。
今日のステージ、また野外で見たいです!!

保存保存

阿吽の呼吸

MooneyそしてKeniさんのライブ。横浜の端っこで生まれ育った自分が上瀬谷や厚木、座間といった米軍基地周辺に残っていたアメリカの雰囲気の中で出会った、古き良き洋楽を教えてくれたミュージシャン2人です。どちらも歌とギターという2人ながら、何の音もぶつからない一音一音を紡ぎ流れるような阿吽の呼吸のプレイにしばし酔いしれた夜でした。勝手に指が動く、という2人ですが、流石だなぁと何年経っても思ってしまいます。30年ほど前を思い出しながら、2人に出会えたこと、その音楽に触れられてきたことに、今更ながらに何かが込上げて来るのです。

また今年の年末にMooneyさんはやって来てくれる予定。ぜひまたみんなで楽しみましょう!

少し前までは暖房が必要な程寒かったのですが、ここに来てまた夏のように気温の上がった八ヶ岳。山は徐々に秋色を濃くしております。

里の稲刈りもほぼ終了。黄金色だった景色も晩秋に。

毎週のように秋のイベントが続く中、遊び心と冬支度の交錯する悩ましい日々がまだまだ続きます。

保存保存

保存保存保存保存

ライブ!ライブ!!、ライブ!!!のお知らせ

さて今年の秋はライブ三昧。様々なスタイルで聞ける極上アーチストが揃い踏み。ぜひ音楽で繋がりましょう!会場で皆さんと会えるのを楽しみにしています。

【Lamps Lodge Bar Live】

日時:10月9日(祝・月)午後6時開場/午後7時開演
場所:Lamps Lodge
出演:Mooney、Keni井上
料金:3000円*別途オーダー必要
予約:Lamps Lodge 電話0551-36-3556

超名盤“HOAGY’S BACK”での共演から早8年。それぞれ古くよりBAR LIVEシーンを支えて来た2人の夢の共演と息の合ったプレイが存分に楽しめるこれぞBAR LIVE。歳を越え益々深みを増す2人の世界をご堪能あれ!

 

【ポール・ラッシュ祭〜八ヶ岳カウンティフェア〜2017】

日時:10月14日(土)15(日)午前10時開場
場所:清里 清泉寮

八ヶ岳秋最大の収穫祭、清泉寮の広場で大々的に行なわれるポール・ラッシュ祭に今年はLamps Lodge縁のアーチストがステージを飾ります。
気持ちのいいカントリーミュージックが演奏されるハーヴェストステージにはSHIMEが両日出演。そしてメインステージのトリには中沢ノブヨシの出演が決まりました!どちらも間違い無しの実力派シンガー。最高の歌声を皆さんに届けてくれるはず。今年はぜひステージに注目して下さいね。
詳しくはオフィシャルページにて

 

【Leyona 2017 tour “Coming Home”】

日時:11月15日(水)午後6時開場/午後7時開演
場所:SUNDAY
出演:Leyona、山本タカシ
料金:前売り3500円/当日4000円
予約:9/22よりLamps Lodge 電話0551-36-3556、SUNDAY 店頭販売

今年もレヨナがやって来ます!この秋は久しぶりの甲府SUNDAYにComing home。ファンの皆さん、ぜひSUNDAYに集まって下さい。古くからの相棒、山本タカシとのステージはベストヒッツライブ間違い無し。ご機嫌な歌声とアットホームなライブで盛上がりましょう!チケットは9/22よりSUNDAY店頭にて。詳しくはLampsLodgeかSUNDAYに直接お問合せ下さい。

宜しくお願いします!!