雨のカウンティフェア

清里、清泉寮で毎年秋盛大に行なわれているポール・ラッシュ祭 〜八ヶ岳カウンティフェア〜。
姉妹都市ケンタッキーからのブース、清里のお店、北杜市や八ヶ岳周辺のお店やクラフトが一同に会する北杜市でも最大規模のお祭りです。バレエやコーラス、吹奏楽から様々なコンサートまで、2つのステージで止む事の無い音楽に耳を傾けながら、野外でのんびり八ヶ岳を満喫出来る私的にもたまらないお祭りなのです。

そんなカウンティフェア。ここ数年は秋晴れの中での気持ちのいい収穫祭だったと思うのですが、今年は残念ながら雨。土曜日は霧の中、日曜日の2日目はずっと雨が降く中での開催に。

今年はステージにLampsLodgeでもお馴染みのアーチストが2組も出演するとあってみんなで楽しみにしていたのですが、急遽ステージプログラムは全て屋内に変更。メインのポールラッシュステージでのプログラムは清泉寮新館のホールで、ハーベストステージでのプログラムは本館のホールで行なわれることになっていたのでした。

足早に雨の中の会場をぐるっと回り、早速Shimeさんのいる本館へ。

待望のShimeさんカウンティフェア登場。
会場はカントリー好きの皆さんは勿論、全ての人を魅了。アットホームな雰囲気の中皆んなで盛上がりました。

急いで新館ホールに移動。
カウンティフェア大トリは“ガッツ”こと中沢ノブヨシのステージです。ウチではいつもアコースティックなライブなので、バンドを従えたライブに大興奮。凄腕ミュージシャン達が集まり、カバーからオリジナルまで久しぶりのガッツワールドを堪能です。

最後にはアメージング・グレイスを歌ってまた来年に繋げるのですが、中沢ノブヨシのAmaging Grace、会場の皆さんも真剣に聞き入っていました。曲のエンディングで拍手とともにまた最高のタイミングで会場から花火があがり、最高のクライマックスに。

いつも行けるのが日曜日の午後の為、ステージも2つに分かれていた今年は特に移動で忙しくなってしまいましたが、出店者の皆さんも雨の中テントで頑張っていました。お客さんも熱心に廻られている方が多く、みんなの笑顔は雨を忘れさせてくれるほど。寒かったこともあり、温かい食べ物や飲み物にまた笑顔がこぼれるのです。

会場も広大なお祭りは関係者やスタッフも多く、今回は特に寒さと雨でみんな大変だったことと思います。設営から片付けまでほとんど雨だったと思うのですが、本当に皆さんお疲れ様でした。

来年はぜひまた最高の秋晴れの紅葉の中での開催をと願わずにはいられません。
今日のステージ、また野外で見たいです!!

保存保存

阿吽の呼吸

MooneyそしてKeniさんのライブ。横浜の端っこで生まれ育った自分が上瀬谷や厚木、座間といった米軍基地周辺に残っていたアメリカの雰囲気の中で出会った、古き良き洋楽を教えてくれたミュージシャン2人です。どちらも歌とギターという2人ながら、何の音もぶつからない一音一音を紡ぎ流れるような阿吽の呼吸のプレイにしばし酔いしれた夜でした。勝手に指が動く、という2人ですが、流石だなぁと何年経っても思ってしまいます。30年ほど前を思い出しながら、2人に出会えたこと、その音楽に触れられてきたことに、今更ながらに何かが込上げて来るのです。

また今年の年末にMooneyさんはやって来てくれる予定。ぜひまたみんなで楽しみましょう!

少し前までは暖房が必要な程寒かったのですが、ここに来てまた夏のように気温の上がった八ヶ岳。山は徐々に秋色を濃くしております。

里の稲刈りもほぼ終了。黄金色だった景色も晩秋に。

毎週のように秋のイベントが続く中、遊び心と冬支度の交錯する悩ましい日々がまだまだ続きます。

保存保存

保存保存保存保存

ライブ!ライブ!!、ライブ!!!のお知らせ

さて今年の秋はライブ三昧。様々なスタイルで聞ける極上アーチストが揃い踏み。ぜひ音楽で繋がりましょう!会場で皆さんと会えるのを楽しみにしています。

【Lamps Lodge Bar Live】

日時:10月9日(祝・月)午後6時開場/午後7時開演
場所:Lamps Lodge
出演:Mooney、Keni井上
料金:3000円*別途オーダー必要
予約:Lamps Lodge 電話0551-36-3556

超名盤“HOAGY’S BACK”での共演から早8年。それぞれ古くよりBAR LIVEシーンを支えて来た2人の夢の共演と息の合ったプレイが存分に楽しめるこれぞBAR LIVE。歳を越え益々深みを増す2人の世界をご堪能あれ!

 

【ポール・ラッシュ祭〜八ヶ岳カウンティフェア〜2017】

日時:10月14日(土)15(日)午前10時開場
場所:清里 清泉寮

八ヶ岳秋最大の収穫祭、清泉寮の広場で大々的に行なわれるポール・ラッシュ祭に今年はLamps Lodge縁のアーチストがステージを飾ります。
気持ちのいいカントリーミュージックが演奏されるハーヴェストステージにはSHIMEが両日出演。そしてメインステージのトリには中沢ノブヨシの出演が決まりました!どちらも間違い無しの実力派シンガー。最高の歌声を皆さんに届けてくれるはず。今年はぜひステージに注目して下さいね。
詳しくはオフィシャルページにて

 

【Leyona 2017 tour “Coming Home”】

日時:11月15日(水)午後6時開場/午後7時開演
場所:SUNDAY
出演:Leyona、山本タカシ
料金:前売り3500円/当日4000円
予約:9/22よりLamps Lodge 電話0551-36-3556、SUNDAY 店頭販売

今年もレヨナがやって来ます!この秋は久しぶりの甲府SUNDAYにComing home。ファンの皆さん、ぜひSUNDAYに集まって下さい。古くからの相棒、山本タカシとのステージはベストヒッツライブ間違い無し。ご機嫌な歌声とアットホームなライブで盛上がりましょう!チケットは9/22よりSUNDAY店頭にて。詳しくはLampsLodgeかSUNDAYに直接お問合せ下さい。

宜しくお願いします!!

Mooney Live 2016

imgp0163

今年も最後の締めはMooney!
ということで、毎年年末最後の2日間は横浜でと決まっている(?)その前日の29日、小淵沢まで来て頂きました。

1年振りでも、65歳になっても、何ら変わらないMooneyさんを普通に駅迄迎えに行って、まるでいつものようにと簡単なリハーサルを済ませ、そしていつものように近況を話合いながらお客様が集まるのを待ちました。

いつものように静かに始まったライブは、音楽に耳を傾けながらまずはお酒を楽しみ、雰囲気に浸る時間。他のお客さんを見渡したり、次は何飲もうかな?なんて考えてる間に、ムーニーさんの歌はすっかり気分を良くしてくれています。気がつけばアップテンポの曲に手拍子してたり、掛け声を上げたり、隣のお客さんと盛上がったりと、変わらず何十年も続くいつものMooneyさんのペースにみんなが巻き込まれていきます。若い人から年配の方迄、男も女も隔てること無く、知らない曲ばかりでも全体を楽しませてくれるMooneyさん。いつもと同じながら、いつになっても凄いなぁ〜って思いながら、今年も最後のライブを存分に楽しませて頂きました。

折角覚えたのにまだ演り足りないから、とクリスマスソングもたっぷり織り交ぜながらのあっという間の2時間でした。

imgp0169

勿論終盤はニヒルブラザースの木村くんのピアノ、北沢くんのウォッシュボード、そしてドラマーのお客さんのカホンも入ってセッション大会。誰が呼んだか「BAR LIVE KING」そのままの貫禄のライブでした。

来て頂いた皆さん有難うございました。また来年も盛上がりましょう!

さていよいよ大晦日。
お正月は私今年も淵の音太鼓で演奏します。11:30ごろスパティオ延命の湯前、午後1:30頃は八ヶ岳アウトレットで。いい天気になりそうです(寒そうですが)。近くにお越しの際にはどうぞ覗いてやって下さい。

今年も一年皆様有難うございました。よい年をお迎え下さい。

Leyona in 八ヶ岳 Dill eat,life.

img_9940

Leyonaと臼井ミトン2人の全国「わすれちゃうよ」リリースツアー。今回八ヶ岳ではレストランDill eat,life.にて初めてとなるライブイベント。アウトドアやカルチャー、音楽と憧れや影響を感じるアメリカ色漂う店内で、古き良きアメリカの音楽に憧れを寄せる2人のアーチストの音楽が気持ち良く共鳴する素晴らしい一夜となりました。

Leyonaとは一昨年前のイベントChipStockMusicFlow以来の再会。アメリカの伝説のミュージシャン宅を訪問しながら宅録でアルバムを作り上げてしまい話題となった臼井ミトンを迎え制作された今回のアルバム「わすれちゃうよ」では豪華な作家陣のみならず、ブルースやジャズなどルーツミュージック色たっぷりの演奏に元気な歌声を聞かせてくれていました。

とは言えやはり魅力はライブ。ツアーも後半に入り、息の合った2人のステージでみんなを魅了していきます。

冬の始まりの澄切った夜空の下で焚き火でも見ながら気持ちのいい音楽を・・
なんて想像して始まった今回の公演ですが、前々日に予期していなかった積雪があったり、室外に出るには風も冷た過ぎたりして若干予定の変更もありながら、お店やお客さん皆さんの協力で無事に終了することが出来、ホッとしています。

もうひとつの楽しみ、Dill eat,life.の山戸ユカさんの料理は寒い中を動き回らずに食事を食べれるようにお弁当スタイルに変更、山戸コウスケさんは身体温まる飲み物を寒い中提供して頂きました。

そのDillの2人と終演後に楽しいフォトセッション。

img_9947

楽しい夜はあっという間に時間が過ぎ、翌日は今度は雨。なんだかんだと天気に恵まれていたような気もします。
寒い中でしたが集まって頂き、皆さん有難うございました。

 

 

9月のライブ

higurashi

今月のライブはスライドギターでお馴染みの日倉士歳朗さんをお迎えします。ラップスティール、ドブロ、ワイゼンボーンからストラトキャスターまで、スライドギターを操り70年代より活躍を続けるブルースマン。カントリーやブルース、ハワイアンにもスライドギターの音は欠かせません。そんなスライドギターで弾き語りを続ける日倉士さん燻し銀のライブです。

今回は弾き語りで渋いアメリカンロックを歌うLampsでもお馴染みHotelCongress堀内くんとともに。
ウイスキーもビールも味わいを増すこれぞバーライブ。お楽しみに!

9月29日(木)
Open 19:00 / Start 19:30 / Music charge 2500yen
オーダー別途
ご予約は電話またはメール live@kobuchizawa.netまで

Keison 朧oboroツアー

IMGP4839

Keisonから来る途中に電話があって「今日はスペシャルゲストと行きます」と。
いつも冗談まじりのKeisonなので、さて誰を連れて来るんだろうと楽しみに待っていた訳ですが、到着した車から現れたのは正に11年振りの、そして会えて最高に嬉しいスペシャルなゲストでした。

Keisonとのデビュー以来の付き合いももう随分と長くなりましたが、それより数年前、来日ミュージシャンの日本ツアーで同行スタッフとして出会っていたのが今回のゲストomigotoさん。そのomigotoさんは静岡でKeisonがデビューよりずっと前からBARや波乗りや音楽で一緒に働いたり遊んだりしてきた先輩。

やがてKeisonがデビューして横浜のThumbsUpにも出演するようになり、いつしかomigotoさんもパーカッション奏者として色々なアーチストと演奏するようになっていて、、

この10年、omigotoさんの噂はKeisonから聞いていたし、ブログやSNSのお陰もあってそんなに長い間会っていなかった気はしていなかった訳ですが、実際会えるとやはり嬉しさは違います。昔からKeisonの横にはいつもomigotoさんがいたので、2人が車から現れると急に懐かしさが込上げてきました。

という訳で腐れ縁とも言える息の合ったプレイが楽しめたKeisonの「朧」リリースパーティー。賑やかに終了することが出来ました。

参加して頂いた皆さん、有難うございました。またこれに懲りずに(笑)宜しくお願いします。

 

Keni Inoue & Kathie Inoue ( Inoue Ohana )

僕は横浜とは言っても横浜の端っこ、大和に隣接する瀬谷という所で生まれ育ちました。家の近くからは海軍道路と呼ばれる何キロも真っすぐな道が伸び、片側は米軍通信隊の基地、反対側には広大な農地が広がり、日の出から日の入り迄何にも邪魔の無い360度の景観が広がってた美しい場所でした。近くには厚木基地、座間キャンプなどの米軍基地が点在し、そこから入ってくる刺激的な文化と共に周辺の町は70年代頃まで随分と賑やかだったようです。

70年代中頃からはそんな神奈川県県央地域にも全国からミュージシャンも集まりはじめ、ライブが聞ける店も出来始めました。80年代には横浜でそんな流れを汲んだお店で働き始める訳ですが、当時よりそんなシーンで有名だったのがMooneyさんであり、今回のケニ井上(井上憲一)さんです。

横浜では昔よりジャズは盛んでしたが、ライブハウス以外でロックやブルースにお目にかかる事は滅多に無く、それも弾き語りというスタイルで見た時にはかなりの衝撃だったのを覚えています。

76年にソロアルバムを出したケニさん。丁度40周年ということで今回久しぶりの八ヶ岳に寄って頂くことになりました。

IMG_9569

ケニ井上(井上憲一)さんは70年代より久保田麻琴と夕焼け楽団〜Sandii & The Sunsetzのギタリストとして有名に。当時のアメリカ西海岸の流れを汲んだロックからハワイアンや沖縄、レゲエやニューウェーブまで様々なスタイルをギターで支えて来たギター職人。当時よりずっと大和などの小さなレストランやバーでもソロライブを続けながら、ボ・ガンボスのどんとと結成した海の幸でもケニさん無しでは考えられないサウンドの要でありました。

その繰り出されるフレーズと壷を押さえたバッキングは、いつでもその音楽の地に聞いている人たちを誘ってくれます。形容が難しいのですが、とにかく気持ちが良い。
ヴォーカルも味のある温かい歌。そしてまた好評の曲間のお喋り。

40年前のソロアルバムより数曲を披露の後、キャッシーさんが参加。キャッシーさんを迎えてはイノウエオハナの名で活動中。ウクレレをバッキングにグルーヴが増してきます。

IMG_9570

まさにリゾートにぴったりの音楽。
最後迄2人の息の合ったステージで七夕の夜を楽しませて頂きました。

半年以上振りのライブとなってしまいましたが、やはり音楽はいいですね。バーでは身近な日常の音楽としてこれからもライブを開催していきたいと思っています。どうぞ宜しくお願いします。

来て頂いた皆さん有難うございました!

Mooney Sings X’mas

IMG_8380

昨年同様忘年会ライブの気持ちのままでうっかりしていました。

今年もBAR LIVEの最後を締めくくってくれたお馴染みMOONEYさんのステージはX’mas前ということもあって、クリスマスソングをフューチャーしたX’mas LIVE。

思えば20数年前働いていた店でMOONEYさんを初めて呼んでお願いしたのがクリスマスライブ。それから数年MOONEYさんのクリスマスライブが恒例になっていきました。それから20年近くMOONEYさんのクリスマスソングを聞いていなかったような気がします。音楽の力は一気に自分のまだ20代の頃に引き戻してくれました。

MOONEYさんの声、そしてルーツの香りのする音楽はクリスマスにもバッチリはまります。
最高の音楽を有難うございました。

10年間とBAR LIVE

IMG_8336

10年前の11月22日。家族で小淵沢に引越して来た日です。
あれから10年、変わったものも変わらないものもある中で、当初抱いていたこの町のイメージよりは随分と面白い毎日を過ごせているような気がしています。四季を感じながら、自然と向き合いながらの生活は想像以上に忙しく、毎日飽きることが無いままのあっという間の十年間でした。子供達だけは随分と成長し、遂には長男に背も越されたところです。新たな気持ちでまたこの先10年に向かうつもりもありましたが、この時期、冬支度にも追い立てられ、どうやら今迄と変わらぬ毎日が続いていきそうです。

変わらぬものの中で、不定期ながらBARで行なっているのがライブ。
30年ほど前からずっと続けているもので、移住後もミュージシャンが立ち寄ってくれた際に渾身の演奏を聴かせてくれています。そんなBAR LIVEも10年間で90本を越えました。いつもは月に1本あるかないかのペースなのですが、何故か今月は様々なパターンで3本!

IMG_8272

最初はジャグバンド。今あるバンドの形のルーツとも言える音楽です。横浜では今も毎年ジャグバンドフェステイバルという全国から50バンド以上が集まるなかなか凄いイベントが続いています。そこでもお馴染みのSABA SANDが初登場。安倍家、村田家も入って賑やかな夜になりました。

IMG_8292

14日には今年5月にも登場した3組が再来訪。吉村瞳、Hotel Congress、大久保理が三者三様のアコースティックライブを繰り広げてくれました。

IMGP3939

21日にはShime&西海孝。ずっと大好きで聞いていた音楽をこれでもかと再現してくれる2人。最高のヴォーカルにギターの名手。次から次へと演奏される思い出詰まった曲には自分もお客さんもずっと終わらないで欲しいと切に願ってしまうのです。「明日からは小淵沢」と眠れなかった丁度10年前を思い出しながら、最高の音楽に包まれたいい夜でした。

昼間は自然に耳を澄まし、夜は生演奏を聴きながらみんなで時を過ごす贅沢。そんな小淵沢でのBAR LIVEをまだまだ続けていきたいと思いますので、これからもどうぞ宜しくお願いします!