中沢ノブヨシ at Stove Kitchen Guest House

友人が高遠の山間の小さな集落に昨年開業したゲストハウス「Stove Kitchen Guest House」で初めてのライブを開催。その初ステージで歌と魂を染込ませるのは、ご存知 “ガッツ” こと、中沢ノブヨシ。

過去LampsLodgeでもライブを重ね、小淵沢ではすっかり意気投合した仲間も増えたガッツ。数ヶ月前に彼を囲み、みんなで集まった際「次はその高遠でライブをしよう!」と盛り上がり、この日を迎えることになりました。

茅野から高遠に向かう国道152号線は、諏訪大社上社のご神体ともいえる守屋山から続く杖突峠から始まり、日本の原風景を凝縮したような山間の集落を繋ぐなだらかな道。西側に並行する国道153号線、天竜川沿いの鉄道や高速道路も走る大きな伊那谷の中心部からは山1つ跨いだ、静かで明るい気持ちのいい道です。

今回の会場は更にそこから一本山側に入り、小さな川沿いを更に奥へと進んだ所。ちょっとUターンする感じで、富士見パノラマのある入笠山の丁度反対側の麓。地図上の直線距離ではスグなのですが、グイッと山を廻り込むので、小淵沢からは70km弱となかなかの距離を走ります。しかもこの集落の住民は現在2世帯の数人、それもかなりの高齢者だそうで。

こんな山奥で平日にライブをやってお客さんは来てくれるのだろうか?

恐らくそんな不安をみんなが抱えながら迎えたこの日。
これ以上無い天気に恵まれ、新緑濃く彩られた森の景色は、すっかり不安を忘れさせてくれました。
障子を外し、広くなった空間に機材を並べれば雰囲気はそれなりに。次第に集まる仲間達は薪オーブンを中心としたキッチンを囲み、明るいうちからまずは一杯。

到着したガッツも、ひとり初めて来る道すがら不安にもなったようですが、みんなに会った安心とこの場所の気持ちの良さからか、いつも以上に楽しそうな様子。

一息ついてリハーサルがてら音を出し始めると、やはり気持ちが良かったのか、延々とそれは続きました。

ライブ前に一通りの料理が振る舞われ、暗くなった頃にはみんなも集まり、盛り上がりも最高潮の中、いよいよライブがスタート。何だかソロの演奏をしっかり聞くのは久しぶりだななんて思いながら、たっぷりそのステージを楽しみました。
「変えたギターが凄くイイからだよ」なんてガッツは言っていましたが、改めてその演奏力と歌と表現力にノックアウト。年を重ねると格段と凄みを増して良くなって行くステージをこれまでも何度も目の当たりにしてきましたが、まさにそれ。何度も「上手い!」と叫ぶステージになりました。お隣、岐阜県で作られたYairiギターの音は、長野の山の中でも最高に気持ちよく響き、本当に贅沢な時間を過ごしてるなと思える夜に。

と言う訳でライブは大成功。
ソロの他、膨大なアーチスト達と様々なステージで共演を続ける中沢ノブヨシ。また凄みを増した彼に会える日が今から楽しみです。

平成の終わり、令和のはじまり

ゴールデンウィーク無事に終わりました。今年も沢山のお客様にご利用頂き、本当に有難うございました。

何しろ今年は10連休。平成から令和へ、元号が変わる特別な年だった訳で、祝賀ムードと10連休に涌き上がる世間の波を無事に乗り切れるのか?と不安も抱きながらのスタートでありました。

何せこの4月は例年に無く天気のアップダウンが激しく、日増しに山も白さを増すという不思議な春らしくない天気。最後の週末となったGWの始まりも寒い一日でした。連日の寒暖差に体調も優れません。今年はまだ保つんじゃないかと思っていた桜の花は、丁度この寒気による風や雨でほとんどの花が散ってしまいました。ほんの数日の出来事です。

そのまま4月は終わり、平成が終わり、そして新しい令和の時代が幕を開けました。

平成最後の夜、何をしようかなんて考えていたら、「レコードを聞きたい」という友人からのリクエストもあったので、いつものBGM用のスピーカーでは無く、折角だから贅沢にきちんと音楽を聴こうと、PAスピーカーにプレイヤーを繋ぎなおしたり準備を進めていたのですが、結局お店は忙しくなってそれどころでは無くなってしまう始末。

という訳で、ひとり翌朝に持ち越し、私の新時代令和の朝はアナログレコードから始まりました(笑)。

自然の姿も入れ替わるように5月に入ると空は晴れ渡り、気温も上昇し、生命の息吹を感じる新緑も増し、正に行楽日和が続きました。乗馬やデイキャンプ、トレッキングとお客様もそれぞれの休日を楽しまれたようです。例年よりも気温は低かったような気がしていますが、気候が穏やかになり本当に良かったと思います。

終わってみれば、あっという間の10日間。
さて、我々はこれからゆっくりと、、と行きたい所ですが、6月のスリーピークスの準備も佳境。その他イベントも目白押し。という訳で、夏までの八ヶ岳もぜひ皆さん遊びに来て下さい!新しい時代も思いっきり楽しみましょう。

<これからのイベント>

5月23日(木)中沢ノブヨシLIVE @Stove Kitchen Guest House(伊那高遠)
話題の薪で遊べるゲストハウスで初めてのライブイベントです。北澤ストーブのオーブン料理にガッツのライブでみんなでワイワイやりませんか?

6月8日(土)〜9日(日)第7回 スリーピークス八ヶ岳トレイル
恒例!トレイルランニング!新緑の八ヶ岳を走りながら120%楽しめるスリーピークス。
http://trail38.com

6月8日(土)〜9日(日)The Camp Book @富士見高原スキー場
話題のフェス、CampBookが八ヶ岳にやって来ます!楽しみですね〜
https://the-camp-book.com/

6月8日(土)〜9日(日)ROCK再誕祭 @清里 ROCK
今年もROCKはロックの日。KeisonもLeyonaもKaiくんもタイジさんも勢揃い〜。
https://rock1971.jp/feature/rebirthday2019/

6月22(土)23(日)ホクト サケグルグル 2019
日本酒、ワイン、クラフトビールと兎に角今最高に熱い北杜の酒。グルグル楽しんで下さい!
https://hokutosakeguru.com/

諸々宜しくお願いします!
LampsLodgeでは7/16にギターパンダのライブやります。詳細近日発表します。お忘れなく!

道の駅リニューアルと春の景色

4/20、こぶちさわの道の駅がリニューアル・オープンしました。
核となる農産物販売コーナーも売り場面積が倍増し、益々の活気が期待されます。レストランはこれまでの食堂イメージからガラリ変身し、本格的イタリアン・レストランに。八ヶ岳ならではのカラフルな採れたて野菜はイタリアンによくマッチ。この1年で小淵沢にオープンしたイタリアン・レストランも3件目。本場や都心で腕を磨いたシェフ達が、鮮度が命の野菜を求めて、自ら八ヶ岳に移住してきてくれている昨今ですが、その味が道の駅でも楽しめるようになりました。

オープンのセレモニーには淵の音太鼓を呼んで頂き、オープンを楽しみに並んだ皆様を太鼓の演奏でお出迎え。晴れ渡った春の空の下、リラックスした雰囲気の中で、楽しく演奏させて頂きました。

パワーアップした道の駅を、皆さんお楽しみに!
パワーアップと言えば、小淵沢IC脇に昨年オープンしたスーパードラッグサンロードも増床工事がほぼ終わり、間もなく拡大オープンです。

 

小淵沢の桜前線はこの週末で遂に標高1000mまで上がってきました。各地で奇麗な花を咲かせてくれています。
まだこれからの桜も沢山あります。どうかGWまで持ちますように!!

最後に桜から桃まで、ここ数日のスナップを。

キャットニャンダフル フォーク部

近くに住んでいながらなかなか会う機会が訪れず。前回はW.C.カラスのオープニングで登場してくれたキャットニャンダフル フォーク部こと、竹田信吾くん、実に5年振りとなるライブでした。

初めて見た時から、フィンガーピッキングの上手な人だなぁと。
ロックバンドでエレキを弾いてただけとは思えない腕前。しっかりとベース音を刻みながら、流暢なアルペジオやハーモニクスのアクセントに、誰か影響を受けたギタリストでもいるのかと聞いてみましたが、曲作ってるうちにそうなっただけで、どうやらそんな先生もいないらしい。練習もしないと言うし、普段は農家だから爪も伸ばせないでしょう。毎日土をいじっているその指の腹からつま弾かれる音は、泥臭くも有り、生々しく、温かい。

フォーク部なんて付けているけれど、皆が思い描くようなフォークでは無く、ロックもブルースもカントリーもソウルもジャンルに固執せず色んな音楽聞いて来たんだろうし、そんな彼の音楽も何にも形容しがたい竹田節。日常生活から放たれる歌詞は、意味不明なものもあれどお構い無し。でも曲の終盤で、その曲の背景を喋ってくれるので、何だかもう一度最初から聞きたくなったりします。

アクが強めの唄うたい。小淵沢にいて、こんなミュージシャンがいてくれることが、ただ嬉しいのです。
何気に農閑期には全国に出没しています。インパクト強い名前なので、どこかで見かけたらぜひ応援を。

4月になりました。

まさかの雪景色から始まった4月。

2月末までは本当に雪が無く、囲まれる山々の白き部分の少なさにこのまま春を迎えるのが心配な程でしたが、3月に入ってからは数日置きに雪は舞い、油断した身体に堪える寒さが結局最後まで続きました。それでも雪掻きはゼロ。こんな冬は初めてでした。

新しい元号「令和」が発表され、どこか例年と違う時代の狭間を感じる新学期、新年度。青空の下、少し白さを取り戻した山岳風景はいつもと変わらずに私達を迎えてくれています。

気温もどんどんと上昇を続ける中、我が家では次男が無事に高校の入学式を済ませることが出来ました。小淵沢で学んだ保育園からの13年間を卒業し、新しい旅路のはじまりです。

これまで入学式後は家族で必ず実相寺の樹齢2000年を越える神代桜を見に訪れていて、勿論今年もそのつもりでいたのですが、まずは兄貴が部活で参加出来ず。そして向かった神代桜ですが、今までに無い程の渋滞が続き、結局途中で断念。今年が家族で行くのも最後だと考えていましたが、子供達の成長とともに、そんなに予定通りにも事は進みません。

それでも甲府盆地から韮崎辺りは桜満開。気持ちのいい景色が続いています。

その後は、甲府に移動し、信玄公祭りを覗かせて頂きました。
夕方、既に舞鶴城の下には小淵沢ホースマンクラブの皆が準備万端で集まっていました。

例年この日は小淵沢からゴソっと馬がいなくなり、静かで何だか寂しい気分で小淵沢にいたのですが、今年は初めてこのお祭りを見る事が出来ました。

翌日夕方、気を取り直して神代桜に。

雨もパラつく天気でしたが、まだまだ実相寺は大混雑。開花の早い神代桜もまだまだ満開で見事な勇姿を見せてくれています。

この後、桜前線は徐々に標高を上げて、小淵沢にも間もなくやって来ます。
新時代の幕開け、大型連休を前に、少しでも長く桜が楽しめますように。

中部横断道

3月10日に開通区間が延びた中部横断道。早速利用したお客様からも「随分と楽になったよ」と聞き、ちょっと清水まで行ってみることに。

小淵沢ICから双葉JCTを経由し、まずは今回開通した下部温泉早川ICまで。双葉から下部温泉まで20分!今まで遠く感じていた下部温泉がグッと近く感じられます。

ここから富沢まではまだ未開通なので、身延と南部の町は国道を走ります。丁度桜の開花が始まっていて山間の春を感じながらの、のんびりドライブ。3月に入ってから白く色づいた八ヶ岳は朝晩の冷え込みがまだ続いているのですが、随分とこの辺りは暖かく感じます。

富士川沿いを30分ほど走り、静岡側から今回開通した富沢ICの入口が見えてきました。

富沢ICからは山間をいくつものトンネルを繋ぎながらあっという間、15分程で新清水JCT。小淵沢から1時間30分で新東名に接続です。
今回はこのまま東名の清水ICまで。5分程で着いてしまいますので、小淵沢ICから1時間35分です。以前は2時間以上かかっていたので、随分と早くなりました。全線が開通したら小淵沢からも1時間ちょっとで清水まで着いてしまいそうです。

圏央道が繋がった時には神奈川県の湘南の海まで2時間かからず着くようになり驚いたものですが、今回はさらに海が近くなりました。

全線開通にはまだ1年以上かかる予定ですが(当初の予定よりちょっと延長が発表されました)、今回の開通区間だけでも相当に便利です。トンネル部が多いので、身延や南部の長閑な景色の中をドライブ出来る今の方が旅を楽しめるかもしれません。

ぜひ海沿いの皆さんも、また距離の縮まった八ヶ岳に!

スピードスケートありがとうございました。

2月23日の大会をもってスケートシーズンが終了しました。

小学校3年生から始まり、7年間に及んだ次男のスピードスケート活動。毎冬を精いっぱいに駆け抜けてきましたが、今シーズンで一区切りを付けようと、最後のつもりで臨んだ5ヶ月間、計16大会37競技を、無事に終える事が出来ました。

(長男が1年前から始めていましたので)皆様には計8年間、営業時間を変更したり、こちらの都合に合わせて頂いたりと、色々とご迷惑もお掛けしました。長きに渡り温かくご協力頂きました事、大変感謝しております。

 

近所にスケートセンターがあったお陰で始まり、そして続けて来れたスピードスケートでしたが、地域ならではのスポーツとして、子供達の大事な成長期に沢山のことを教えられ、掛け替えの無い経験を積みあげることが出来ました。

そしてこの間には、スピードスケート界自体も昨年の平昌オリンピックでの活躍があったように、盛り上がりも上昇線を描いていた中での毎日に、大いに刺激を受け、向上心も素直に高まりました。大人も子供も、選手も関係者も、地域の人の応援も、みんなで一緒になって頑張れた、本当に充実した8年間を過ごす事が出来ました。

スケート部とは離れますが、兄弟でスケートは大好きなので、これからも遊びに、応援に、近くのスケートリンクには度々足を運ぶことになりそうです。小淵沢でも小平選手に、高木選手に憧れた小学生達も増えていて、まだまだスケートは盛り上がって行きそうです。楽しみに家族で応援していきたいと思います。スケートもスキーも、ウィンタースポーツこれからもみんなで楽しみましょう!

 

最後の大会は河口湖セイコオーバルでした。富士山を望む山梨県を代表するリンクです。

7年間ずっと共に競って来た仲間達。みんな高校生になっても続けるので応援しています。

長野オリンピック以降、スピードスケートの聖地となった長野エムウェーブ。沢山の刺激を貰いました。

岡谷のやまびこスケートの森スケートリンク。長野県はリンクも充実しています。

雪でも雨でもマイナス10℃以下でも、毎日の練習に励んだホーム、八ヶ岳スケートセンター。思い出はいっぱいです。

他にも松原湖スケートセンター、茅野国際スケートリンク(NAO ice OVAL)もあり、八ヶ岳は全国でも一番スピードスケートリンク密度の高い所でした。

結局雪の無いまま3月を迎えることになりそうです。積雪は1/31〜2/1にかけての数センチ。雪掻きを一度もしていないのは14年で初めてです。まだ油断は出来ませんが、山に雪が少なすぎるのも色々と心配ですね。

息つく暇も無く、高校受験、卒業式。
いい春を迎えられますように。

1月のお便り

年を越え、あっという間に半月が経ってしまいました。
改めまして、皆様どうぞ今年も宜しくお願い致します。

例年であれば雪の便りという時期なのですが、しかし今年は降りません。昨年12月のもういつからかは覚えていませんが、ずっと晴れた日が続いているように感じます。勿論山の天気、雪雲に覆われたり、木枯しに雪が舞ったりすることはあるのですが、全般的には日の射す良い天気が続き、大地もカラカラに乾ききっているように見えます。

今年も和太鼓の演奏で始まり、次男のスケート三昧の日々が休み無く続いています。オリンピックの影響もあってか冬休みのリンクには例年よりお客さんも多く、それは嬉しい限り。

ここ何年も我が家の冬はスケート中心に動いていますが、中学最後のシーズンも残りもあと1ヶ月。シーズン中は毎週大会。最後迄悔い無く頑張って欲しいものです。

スケートが終わる迄、なかなか出掛ける事も出来ません。せめて奇麗な雪景色をと。無い方が楽なのですが、どこか雪が積もるのを心待ちにしています。

Mooney LIVEと大晦日

寒気に包まれ、連日冷え込む八ヶ岳。年の締めはバーライブ。
今年もMooneyさんのライブであったかくして頂きました。
今年はLampsLodge BARで開催出来たライブも少なかったのですが、その中で毎年続いているライブがMooney。まだまだ誰より元気なMooney健在。平成の次もお世話になります!
小淵沢のライブには必ず参加してくれているニヒルブラザースの木村くん。今回もご機嫌なピアノが炸裂でした。いつもありがとう!
そして、ライブに参加して頂いた皆さん、有難うございました。

余韻さめやらぬまま大晦日。
平成最後の大晦日ですね。平成という時代は自分には22歳から52歳迄、本当に重要な30年。そんな移り変わり、節目の年越しは何だかゆっくり過ごしたい気分になります。

とは言え、打初め、お正月の和太鼓演奏は例年通り、スパティオ小淵沢、八ヶ岳リゾートアウトレットにて行なわれる予定です。例年以上に思いを込めて打ちたいと思います。身も引き締まる和太鼓の音。一年の始まりに、都合宜しければぜひ聞きに来て下さい。

今年も有難うございました。

皆様、良い年をお迎え下さい。

スノーシーズン2018-2019

つい最近迄暖かく、降るのはもっぱら雨でオープンが心配されましたが、

富士見高原スキー場(車でロッヂから15分)、サンメドウス清里(車でロッヂから25分)、富士見パノラマスキーリゾート(車でロッヂから30分)、シャトレーゼ八ヶ岳(車でロッヂから35分)が限定コースながら無事オープンし、いよいよスキー&スノーボードシーズンが始まりました。

白樺湖周辺エリアのスキー場へも車で1時間程。小海リエックスや八千穂高原も含め、小淵沢からでも沢山のスキー場の中からお気に入りの場所を探す事が出来ます。

実はスケートリンクも充実しているこの周辺。全国でも限られた場所にしか無い400mトラックのリンクが小淵沢の八ヶ岳スケートセンターを筆頭に、茅野国際スケートセンター、岡谷やまびこスケートリンク、松原湖スケートセンターと車で1時間以内に4箇所もあります。大会以外では一般開放されていますので、ぜひオリンピックメダリスト達も滑ったリンクに遊びに来て下さい。

スノーシューなど雪山アクティビティも充実した八ヶ岳。たっぷり遊んだ後はこれまたあちこちに点在する温泉へ。冬ならではの星空もたっぷり。

ぜひ冬の八ヶ岳を遊び尽くして下さい!