バースデートレイル

IMGP0953

誕生日でもあったこの日、天気も良かったのでスリーピークス八ヶ岳トレイルの大会を終えた23Kのコースを中心にチェックも兼ねて山散歩。

大会前は残雪や看板の位置、道の状態など色々な事が頭を過り、なかなか存分に景色を楽しむことは出来ないのですが、大会が無事終わった後のコース廻りは、余計な事を考えること無く一番大好きな季節の森の中を楽しむ事が出来るのです。

余計な事を考えず楽しめる要因は大会参加者、そしてスタッフが本当にマナー良く、綺麗にしてくれていること。大会直後にエキスパートのスタッフが既に見回っていて「今年もゴミは全く無いよ」という連絡は受けていましたが、目の前に広がる緑の中、有り難い気持ちいっぱいで本当に気持ち良くコースを廻る事が出来ました。

IMGP0946

我が家(Lodge)から2kmほど登れば信玄棒道に到着します。そこから続くトレイルは普段馬の外乗コースにも利用されていて、防火帯では広い道の中に適度に踏み固められた細いトレイルが伸びています。

IMGP0968

大会前は試走しているランナーに出会う事も多かったですが、この日は誰ともすれ違わず。静かな山の中でした。

IMGP0960

当初よりコースを限定していましたが、サクラソウ保護の為昨年の大会よりコースを迂回したエリアには今年もサクラソウやクリンソウが沢山咲きました。

IMGP0957

どこを歩いてもやはりこの季節一番綺麗に感じます。

IMGP0963

乗馬でこんな景色を楽しめるのも小淵沢ならではの魅力ですが、歩いていっても、きっと両手を広げて走りたくなるような道が沢山。今回も寄り道ばかりで23kmでは済まなくなりました。

IMGP0965

以前はただ喜んで走ったり歩いたりしていた道ですが、大会が始まってからは林業関係者から環境、観光、山岳会の方々と沢山の皆さんがそれぞれ様々な整備を行っいることを知りました。だからこそ大会が終わって綺麗なトレイルを見ると本当に嬉しく感じます。

整備も進み、明るさも増した森の中。綺麗に見えると森も元気に見えて、やっぱり走り出したくなりますね(笑)。また年を重ねたのであまり調子に乗らないように気を付けます。

2017 THREE PEAKS Yatsugatake Trail

IMGP0937

GWも過ぎれば、空いている時間は全てこの大会の準備に東奔西走。
いつしか一年の半分はこの大会のことを考えていたり、八ヶ岳に入ればいつも山の神様に大会の無事を祈っていたり、我が身から切り離せないものになってしまったスリーピークス八ヶ岳トレイル。

大して深くない山が好き、走るのが好き、から関わり始めたイベントも、年を追うごとに山や自然やスポーツや地域との繋がりや関わりも増し、雪解けを心待ちにしていたり、山の草花を気にする思いも、どうやらこの大会開催に通じる思いが心の中を占拠してしまっています。

そんな4年間を過ごし、第5回目となるスリーピークス八ヶ岳トレイルも無事終了する事が出来ました。

今年も沢山のランナー、スタッフ、応援者、協力者の皆さんにに囲まれながら、素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。本当に有難うございました。毎年、開催当日は思ったように動けないながらも疲労感が吹き飛ぶ感動に包まれることは、只只皆さんに感謝しかありません。

そして毎年、梅雨入り直後の開催ながらも天気に恵まれている事。今年は前夜の強風に気を引き締めさせられましたが、準備や当日、翌日の片付けは晴れていて、大きなトラブルも無く終わる事が出来ました。

IMG_0251

トップランナーもファンランナーも初めての参加者もスタッフも、みんなが全力を尽くして迎えられるゴール。実行委員も無事完走です!

GW2017

まさかの兄の授業参観と弟の部活の試合が重なり始まった今年のGW。どうなることかと思いましたが、何とか無事乗り切ることが出来ました。天気にも恵まれ、昼間の雨も無く、サクラも少し残る中、山と青空のコントラストも素晴らしい景色が連日のように続きました。

常連のお客様や新しいお客様との沢山の出会い、旅の途中で寄ってくれた友人達、BARでの楽しい会話など、旅行で来ている方も、仕事で来ている方も、競技で来ている方も、相変わらずの入り乱れてのLamps Lodgeでしたが、お陰さまで連日楽しい時間を過ごす事が出来ました。今年も沢山の皆様にご利用頂き本当に有難うございました。

IMGP0759

LampsLodgeでは今年も昨年に続きJeanNassausで陽だまりフェア。天気のお陰で1日も中止する事無くお陽様の下で開催する事が出来ました。

IMGP0807

GWといえばやっぱりこどもの日。今年はお絵描きコーナーも作って連日沢山の子供達に楽しんで頂きました。

IMGP0789

喧噪を離れたのんびりした雰囲気に、馬の蹄鉄の音が気持ち良く響きます。

IMGP0809

日に日に濃くなる緑が忙しさを忘れさせてくれます。

IMGP0837

リニューアルオープンしたばかりのリゾナーレ、駐車場が大きく拡張された道の駅、工事中の小淵沢駅、と小さな町の道路も至る所で大混雑でしたが、終わってしまうとまるでそれが夢だったかのような静けさを取り戻しています。

やっと行く事が出来たリゾナーレでは、第1弾GWのチューリップの回廊から、第2弾の花の回廊へと入れ替え真っ最中でした。今年は6月いっぱいまで花に囲まれたピーマン通りが楽しめるそうです。

大きな寒暖の差のように忙しさと静けさも激しい八ヶ岳。しかし田圃では一斉に代掻きや田植えが始まり、山は新緑に包まれ、子供達の行事は続き、観光でも夏に向けた準備と、町の活気は勢いづいて行きます。息つく暇もあまりありませんが、5月病に負けないように今年も頑張りたいと思います!

桜満開です。

GWを前に標高1000辺りでもやっと桜の満開を迎えています。車を走らせていると、こんなに桜の木があったのかと、あちらこちらで桜の花を目にします。

Lodgeでもお部屋の窓から

IMGP0721

JeanNassaus敷地内の枝垂れ桜も

IMGP0733

馬術競技場でも満開になりました。

IMGP0738

さて今年もJeanNassaus小淵沢のGWの陽だまりマーケットは陽だまりウィークとして連日開催。洋服だけに留まらず、小物や雑貨、多肉植物やアクセサリーなど用意して皆様のお越しをお待ちしております。お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください!

hidamari

清里 Whisky Festival 2017

IMGP0688

清里は萌木の村でウィスキーフェスティバルが4/15、16の両日行なわれました。今年は清里の開拓の師、ポール・ラッシュ氏の生誕120周年を記念したウィスキーフェスティバルです。ポール・ラッシュ氏と言えばケンタッキー、ケンタッキーといえばバーボン。戦前、戦後に渡りバーボンウィスキーの普及にも多大なる影響を与えたであろうポール・ラッシュ氏の眠る清里、またジャパニーズウィスキーの雄、白州蒸留所を有する白州と、他の酒類とともにウィスキーとの繋がりも非常に濃い北杜市なのです。

東京や大阪でも行なわれているウィスキーフェスティバルはサントリー、キリン、アサヒといった大手は勿論、輸入ウィスキーを手がける企業や、クラフトビールならぬクラフトウィスキーメーカーも多数出展。近年は全国にいくつも新しい蒸留所が出来ていて、日本のウィスキーもこれから益々楽しみなのであります。北海道から秩父、静岡、信州、北陸等、一部にまとまらない各蒸留所はそれぞれの個性を生かした新しいジャパニーズ・ウィスキーの系譜を作っていくのでしょう。

さて今回はそのステージでの出演演奏者を頼まれました。野外、ウィスキー、清里、とイメージを考えた時にまず浮かんだのがフィドルかハーモニカの音でした。そしてケルトやカントリーといった雰囲気も持ちながら今の音楽を感じさせるアーチストとして、様々なジャンルで活躍するハーピスト倉井夏樹くんに連絡をし、快くOK。新鋭のギタリストKai PetiteとのKai Natsuki、またシンガー倉井智佳子も交えて2日間のステージを楽しませてくれました。

IMGP0692

雰囲気バッチリ。ギターとハーモニカのシンプルで心地よいグルーヴが、アルコール度数も高い蒸留酒にはぴったりだったんではないかと思います。

IMGP0710

時折強風が突きつける天気でしたが、両日とも雨は無く、太陽も顔を出すいい天気。内容からして大人の多い、またのんびりとした気持ちのいいイベントでした。次回は是非昼寝スペースが欲しいですね(笑)

さて改修工事も終了した萌木の村ROCKもGW前にいよいよ再開します!ちょっぴりアダルトに生まれ変わったROCK、お楽しみに!

IMGP0718

ロッヂの横、JeanNassaus小淵沢の敷地内にあるしだれ桜も勝手に開花宣言。いよいよ桜前線も標高1000mに近づいてきました。

さくら前線

IMGP0629

4月8日、高校に進学した長男の入学式でした。入学式といえば桜。韮崎のわに塚一本桜がまだ3分咲き程だったので、この日満開宣言の出た毎年恒例の実相寺神代桜へ。

樹齢2000年の巨木は今年も北杜市でいち早く満開の勇姿を見せてくれていました。

IMGP0604

週末、満開宣言と相まってかなりの混雑。しかし今年は神代桜の廻りの桜はまだ2分〜5分咲き程度。これからたっぷりと桜が楽しめそうです。

これから北杜のさくら前線は北上を続け、GW近くまで桜を楽しめると思います。ゆっくり進むか、急いで北上するかは天気次第。全般的には来週末頃から見頃を迎えそうな様子です。

リニューアルラッシュ

IMG_0071

最近の小淵沢では昨年の道の駅の駐車場拡張に始まり、各所で改装や新設の工事が行なわれています。そして2017年の今春はリニューアルオープンが相次いで行なわれる予定です。

まずはJR小淵沢駅。明治37年の開業以来、大正時代からの建物も残っていたという小淵沢駅舎が全面リニューアルします。大型バスの乗入れや車の増加で長らく不便の続いた駅前のロータリーも大きく変わります。6月には竣工予定で、どんな駅になるのか今から楽しみですね。

IMGP0600

山梨県馬術競技場では審判棟が新しく生まれ変わります。小淵沢ならではの最高の景色をバックに工事も急ピッチで行なわれています。今年の競技がこれから楽しみです。

IMGP0596

リゾナーレ八ヶ岳さんではこの冬は長期休業してリニューアル工事が行なわれていました。レストランを中心に大規模な改修が行なわれ、外観も綺麗に塗り替えられました。こちらは間もなく4/22オープン予定です。今年のGWもお楽しみに!

IMG_0076

えほん村さんもこの冬にリニューアル。既に営業中ですのでぜひ皆さんも行ってみて下さい。6月にはガーデンライブラリーも完成予定だそうです。

さて、LampsLodgeは、、

いつもと変わらず営業中です。

加川良さん

2017年4月5日、フォークシンガー加川良さんが亡くなってしまいました。

私達家族が今ここにいる大きなきっかけでもあったこと、書き留めておこうかと思います。

引越して来る前、私達がまだ横浜に住んでいた頃、加川さんも横浜に住んでいました。自分はブッキングマネージャー的な仕事も担当していたのですが、自分の在籍時、残念ながら一度も加川さんのステージは作れていません。一度別のお店でのライブに遊びに来てくれた際に話を出来たことは鮮明に記憶に残っているのですが、同じく横浜に住んでいた友部正人さんが頻繁に来店してくれていたり、またフォークミュージックのシリーズをなぎら健壱さんにお願いしていた時期でもあり、まだ駆け出しだった自分は変に気を使ってしまい、どこかで何かのきっかけが出来るだろうと、こちらから声を掛ける事も無く過ぎてしまっていました。以前より都心でのライブは極端に無く(年に一度ラ・カーニャだけ)、ましてや住んでいる町では歌わないといった変な噂話を聞いていた事も原因だったかもしれません。

いくつかの思いが重なり横浜を出てみようかと考え、家族で移住先でも探そうかという前夜でした。お世話になっている知人の家を訪ねたのですが、丁度いいビデオを貰ったから一緒に見ようということになりました。それは数年前どこかのお店で行なわれた加川良30周年ライブのビデオでした。何の情報も無く、このお店どこだろうねなどとも話しながら、加川良大ファンの彼の解説付きで朝方までたっぷりとビデオ鑑賞会となりました。

翌日、家族で小淵沢にいました。特に理由も縁も無く。夕飯は2歳の子どものリクエスト(これも不思議なことだったのですが)で小泉のパームスプリングという店に入りました。勿論初めて来たお店だったのですが、何か自分はずっと胸騒ぎがしていました。何だかここ知ってるなと。

食事も終わり清算を済ませ帰り際にトイレに入りました。
正面に1枚のポスターが貼ってありました。

「加川良30周年記念ライブ」

何と朝まで見ていたビデオの店でした。

全身鳥肌が立ったというか、電気ショックが走ったというか、これ迄おきた偶然の驚きとは何かが違う、見えない何かに導かれているような恐ろしさの混ざったものでした。知人の家に行ったのも、そのビデオを見たのも、小淵沢ICで降りたのも、2歳の子どもがリクエストしたのも、この店にいることも、何一つ予定していなかったことの中での出来事です。

それから数年不思議な事が起こり続けました。でもやはり最初のショックが大きく、その後はひとつづつ逆に安心感を覚えるようにになり、結局この地に移住する事になった訳です。

 

移住して宿のオープン前にBARをスタートしていましたが、そのある寒い夜。
ウチのリーフレットを握りしめた見覚えのある人がガラス越しにドアをドンドン叩きました。え?良さん?

「今度こっちに引越して来ることになったよ」と。

これまでも挨拶に毛が生えたぐらいの会話しかした事の無い、自分からすればテレビや雑誌やレコードの中の加川良さんがそこにいました。何だか信じられなくて、移住までの経緯や何やらを夢中になって話していたと思います。

それからは加川良さんというよりは本名、小斉喜弘さんとしてのお付き合いが始まりました。
コンサートを見に行ったのは唯1回。99.9%はステージ以外で、ホームセンターやスーパー、道すがらでよく会ったり、お店に来てくれたり、宿を紹介してくれたり、この10年本当に色々なことが思い出されるのですが、加川さんはいつでもあの笑顔、髪型、ひげ、関西弁、声、いつどこで会ってもステージの良さんそのままでした。

結局一度もステージをお願いする事無く、別れがやってきてしまいました。良さんの歌声を店に染込ませることが出来なかったことは残念です。しかしその喋り声はどのミュージシャンより沢山染込んでいると思います。

いのちや人生を歌った歌も多い加川さん。
色あせない言葉や歌を今何度も聞き返しながら、出会いに感謝するとともに、また自分の人生にその意味を考えています。

これまでの私達を支えて頂き本当に有難うございました。

3月31日

IMGP0577

3月も最終日。例年であれば甲府辺りから標高を上げ広がる桜の便りや、山菜や小花といった春らしい写真でもお届けしたい所ですが、今年の31日の夜は深々と雪が降っています。4月最初の朝は雪景色となりそうで、今シーズンは降り始めも11月24日だったので、大きな積雪は無かったものの、今までに無い長い冬を感じています。

3月は26日も雪が積もったので、この時期2回も雪が積もるのは引越して来て以来初めて。その間には温かい日射しも有り、正に三寒四温といった日々。

それでも間もなく桜の開花も迎えるでしょう。
春が待ち遠しく感じます。