金峰山(きんぷさん・きんぽうざん)

IMG_8640

金峰山山頂を望む。

さて、毎年この時期我が家では山登りの計画が立てられます。長男の誕生日(8/30)に男2人で山に登り始めてから早7年目。「小学校6年生で黒戸尾根から甲斐駒ケ岳」という目標は当初より決めていたので、前年となる今年は、その甲斐駒ケ岳が見える、仙丈ヶ岳や北岳、鳳凰三山などが早くより候補に挙げられていました。その計画中、いつも計画はしながらもなかなか家族での山行が難しいので「どうせなら家族で行こう」ということになり、今回お休みを頂き、妻や小学3年生の次男とも足並みを揃えられそうな仙丈ヶ岳に決定をしていました(昨年のリベンジになりますが)。
しかし前夜より天気が怪しくなり、当日朝の天気予報では南アルプス方面は一日雨の予報。後半雨ぐらいでは決行したのですが、登り始める前から雨というのはみんな一気にトーンダウン。しかも雷雨も予想されていたので別の山を探す事に。
幸い山梨の方が天気は午前中持ちそうだったので、いくつかの候補の中から金峰山に決定。急いで増富方面に車を走らせました。

金峰山は山梨県と長野県の県境、奥秩父の主脈に聳える古くより信仰を集める山。小淵沢からも「あの山何?」と聞かれる事の多い、遠くに形も奇麗で目立つ山です。ルートもいくつかありますが、今回は一番長い瑞牆山荘から登る事にしました。5年前に瑞牆山に登った場所と最初は同じルートです。

瑞牆山荘(標高1520m)前の無料駐車場から出発し、まずは40分かけて瑞牆山への分岐地点、富士見平小屋へ。そこから金峰山方面へ初めてのルートを歩きます。

大日小屋を経て大きな石の固まり大日岩。ここにある休憩所以外はずっと樹林帯のルートが続き、なかなか視界も開けません。歩き始めてから3時間経った所で疲れもあって朝食休憩。3時間で稜線には出る予定でしたがまだ森の中。しかしそこから出発する事10分程でやっと稜線上に出て見事な視界が開けました。ここからは岩稜ゴツゴツの稜線を歩きます。雲は出ているものの稜線上は晴れやか。しかし遠くに見えるピークはまだまだ先で気は緩められません。

瑞牆山も見えました。標高2230mの瑞牆山はもう見下ろす位置です。

岩登りのメッカ小川山等、この辺ならではの山岳風景。見えて良かった〜。

ここからまだ30分以上の登り。

やっと目前に迫った金峰山のシンボル五丈岩。ピークは更にその奥です。

IMG_8649

登ってみないと解らない五丈岩の反対側。思ってたよりも大きくて圧巻でした。
もう5分も歩けば山頂に到達です。

結局たっぷり4時間かかって山頂2599mに到達。下山も思ったより時間がかかって(子供の岩場下りはそれなりに時間がかかります)休憩時間入れて計8時間越え。標高差も距離もそれなりにあったので駐車場に戻る頃にはグッタリでした。何より雨に降られなかったのが幸い。今年もいい誕生日登山が出来ました。

山頂では家族でハッピーバースデー。風でロウソクに火は灯らず(笑)

さあ来年は甲斐駒です!

今年の山

今年はいろいろありました・・。

例年この時期長男と2人で出かけていた山行。今年は春に予定していた家族での山登りが出来なかったので家族4人で登ることになりました。2人ならば割と気軽に予定が立ちますが4人となるとやはり大変。それでも何とか仙丈ヶ岳の予定で計画を立てていたのですが、まず台風の影響で山梨側からのバスが不通に。急遽長野県側からのアプローチになりましたが、登山口北沢峠の到着が2時間も遅くなります。日帰りにはギリギリの時間になってしまうので、4人での山行には少々不安も出てきました。

そんな中、朝5時半に出発。朝陽が射し込む中のドライブ。山には雲がまだかかっています。戸台口の仙流荘にはバスの始発1時間前の7時には着きました。しかし、さぁいよいよという時に妻の山靴のソールが剥がれました。前夜まで何でも無かったのに・・それも両足。ボロボロ・・。接着剤を流し込むもどうにもならず。余裕のある山行ならまだしも、なるべく急ぎたいスケジュールだったので「こりゃ、無理かな?」と中止を決意。残念ながら撤退です。

で、家に帰って来たのが9時前。靴を履き替え、残りの時間で行ける山を考えます。天気ともにらめっこしながらロープウェーでアプローチ出来る北横岳に決定。気を取り直して北八ヶ岳に向かいました。

北横岳(2480m)山頂まではロープウェーを降りて1時間ほど。この日晴れている午前10時というのに山頂駅では10℃。もうストーブに火がつていました。奇麗に整備された山道を過ぎて、シラビソ、コメツガ、ハイマツの北八ヶ岳らしい林の中をゴツゴツした岩を登って行きます。昼前には山頂に到着。雲が多かったのですが、割と流れていたので時折眼下の景色を見渡す事が出来ました。

 

頂上には頑張っている蝉。

七ツ池に向かいました。

池にはゲンゴロウ。子供達は初めて見るゲンゴロウに興味津々。

もうこのまま帰ると安心しきっていた子供達に2時間の遠回りをしようと三ツ岳に向かいます。ここはもうゴツゴツの岩に小さなピークの連続。隙間だらけの岩々に急傾斜。気の抜けない山行ながら、眼下にどんどん遠くなるロープウェーの駅にみんなで不安顔。

誰ともすれ違わなくなってからはまた更に不安になりましたが、倒れていた雨池山の道標を見つけて一安心。結局2時間以上かかって縞枯山荘まで辿り着きました。

急遽の予定変更ながら、それなりに満足感たっぷり。

しかし今秋、隙あらば仙丈へ。

久しぶりの日向山

天気が危ぶまれましたが、東京から来てくれたJeanNassausのスタッフ面々と何年ぶりかの日向山に登りました。日向山は小淵沢から見ると南アルプス甲斐駒ケ岳の勇姿の前にちょこんと居座る標高1660mの前衛の山。三角点からちょっと行った所にある雁が原と呼ばれる花崗岩剥き出しの場所がワァっとなる美しさと八ヶ岳バッチリの景観で人気の山。

自分もこんな団体で登るのは初めて。雨上がりで心配もありましたが、とりあえずみんないい靴を履いていたので少し安心。とはいえみんな初心者。少し行った辺りから、もう辛そうな人も出てきてまた不安に。それでもみんなで励まし合いながら頂上に辿り着きました。

そう、雁が原の数十メートル手前からはみんな走り出し、

「わぁぁあー」ってなりました。

でもその時は雲の中。

こんな感じだったんですが、
普段の行いが良いのか(?)だんだん霧も晴れて来て、いつしか青空に。

撮影大会。

良かった。みんな笑顔で帰って来ることが出来ました。

他の登山者の皆さん、お騒がせしました。
でも年配の方々から「山ガールだぁ」なんて言われて、みんなそんな言葉知っているんですね。驚きました。さぁ皆さん本当の山ガールになる為にまた登りますよ〜。

薄ら雪化粧

朝、姿を見せた八ヶ岳(中央は権現岳)はやはり白く薄化粧

IMG_3810

富士山に次ぐ標高全国2位の北岳は勿論

IMG_3811

八ヶ岳の主峰赤岳も

IMG_3827

しかし紅葉は何処へいったのか?

IMG_3831 IMG_3851 

白駒池にて

昨晩BARで「白駒池今キレイだよ」と教えてもらったので、ちょいと車を50km(往復は100kmです)走らせてきました。朝一番のつもりだったのに駐車場は既に満車寸前でした。

時折晴れ間が覗くもののほとんどは曇り空。青空、白い雲、池に映り込む紅葉、これを目当てに来ている人も多いと思うので今日は三脚を構える皆さんも残念そう。

ここ白駒池は八ヶ岳の麦草峠の近くで標高も2000m以上。ここから徐々に山も色付き始めます。秋ですね。

IMG_3523
IMG_3514
IMG_3524
IMG_3552
IMG_3531
IMG_3520
IMG_3554 
IMG_3560
IMG_3561
IMG_3573

三ツ頭

IMG_3142

一年ほど前、次男がまだ保育園児の時のお芝居「富士山と八ヶ岳の背比べ」の時に覚えた八ヶ岳の山々の名前。その中でも余程キャッチーだったようなのが「ミツガシラ」「マエミツガシラ」。以来次男に「山行くか?」と聞けば必ず「ミツガシラ」。という訳で今年も我が家は登山の季節。先日登った赤岳初め阿弥陀岳、権現岳、編笠山など南八ヶ岳の展望も秀逸な次男憧れの三ツ頭(2580m)へ行って参りました。

雲海の中、朝早い天女山からスタート。丁度眼下に広がる雲海、浮かび上がる富士、輝く朝陽と、本当に来て良かったと思える景色の中をしばし歩きました。息子2人を連れての山行だったので、ペースは割とゆっくり目。それでも午前9時には前三ツ頭、そして10時前には三ツ頭山頂に立ちました。

IMG_3115
IMG_3135
思ったよりもきつい傾斜に疲れましたが、思った以上の素晴らしい景色。小学校で毎年登る編笠山も完全に見下ろす感じで、数字よりも高さを感じました。  

IMG_3160 

今日も暑い一日だったようですが(今日は横浜と大泉の最高気温が一緒でした!)、景色はどことなく秋。

IMG_3176 

主役はご満悦(バック左が前三ツ頭、中が三ツ頭、右奥が権現岳)。
 
 

 

赤岳

IMG_2870
IMG_2899 

毎年長男の誕生日は父子で山に登るのが我が家では恒例のプレゼント。子供にとっては有り難迷惑かと思いきや、今年も息子はずっと楽しみにしておりました。

山は早くより赤岳(標高2899m)に決めていましたが、稜線の小屋で星空や雲海でも見せてやりたいと1泊するつもりでいたので中々日程も定まらず。そんな折、息子が泊まりで行きたい理由が「楽だから」と「学校が休めるから」と聞いて急遽予定変更。日程も急遽本日に決定。タフな日帰り山岳トレーニングとなりました。

朝早く家を出て、6時前には美濃戸を出発。肌寒い中、行きは南沢を行者小屋へ。かなりタフな地蔵尾根以降は一応ロープを繋いで頂上を目指しました。10時には赤岳山頂に到着。かなりの混雑を覚悟してたのに誰もいない頂上。8月でもお盆を過ぎればこんなものなんでしょうか?お陰で贅沢に頂上を満喫。しかしトレーニング!小学生には下りの方が数倍気を使うので、雲行きを気にしながら帰路につきました。

IMG_2882
IMG_2874

帰りは赤岳鉱泉を回って北沢を下りました。午後2時過ぎに美濃戸の車の場所へ。例年6時間ぐらいの山行でしたが今年は8時間半。流石の八ヶ岳主峰赤岳に二人で疲れきってしまいました。

雲を気にしながら歩きましたが、ずっといい天気の中で山行が出来ました。今日も各地もの凄く暑かったようですが、標高2500〜3000m辺りでは流石に涼しく、車に戻るまでは汗も気にならないほど。また、快く送り出してくれた先生にも感謝です。

保育園から5年続いた誕生日記念登山。
いつまで付き合ってくれるのか、付き合わされるのか、それも楽しみ。
さて来年はどこに行きましょう?

    

馬の甲子園

IMG_2662
IMG_2672 

乗馬の花形競技でもある障害。「乗馬の甲子園」とも言われるその全日本ジュニア大会が今年も小淵沢で行われています。

お祭りのホースショーが終わってから一週間は毎年恒例で、毎年この時期になると会える人たちがいます。もう何十年も小淵沢に来ている方から初めての方までいろいろですが、その再会がとても楽しみな一週間です。今年も全国から280頭の馬に選手、クラブの人たち、父兄や応援など、沢山の人馬で賑わう小淵沢。昼間は流石に暑いですが、今年は中々の天気に恵まれました。7月の総合競技の時の方よりも朝晩は涼しくなりました。

明日はいよいよ決勝戦。みんな頑張って下さいね。

IMG_2677     

今日は久しぶりに八ヶ岳がスッキリ顔を出しました。 
明日も天気になあれ。